学生企画シンポジウム

「義足アスリートにみる身体とテクノロジーの関係性」

趣旨:
 Society 5.0が目指すべき未来社会の姿として内閣府によって提唱され、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)、ビッグデータといった科学技術をいかに活用するかが近年よく議論されている。スポーツにおいても、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)やチャレンジシステムなどが導入され、スポーツへのテクノロジー導入の是非が問われている。
 スポーツとテクノロジーの関係に焦点をあてた研究を概観すると、スポーツにおける用具や先端技術に着目し、テクノロジーの発展がスポーツにどのような影響を及ぼすのかを探る論考(柏原, 2018)や、テクノロジーは「近代スポーツがつくりあげてきた『自然な身体』という身体観」(坂,2016)にどのような揺らぎを生じさせたのかを考察する論考がいくつかみられる(佐伯,2009)。それらの先行研究の一つの特徴は、テクノロジーの発展によってスポーツをする主体が消失していくと主張する点にあるだろう。我々の日常生活は人間の身体と人工物が協働して成り立っているにもかかわらず、スポーツにおいては人間の身体と人工物を切り離すように考えてしまう(渡, 2013)のはなぜだろうか。こうした問題意識に基づき、本シンポジウムでは、スポーツのなかでもテクノロジーと身体の関係性が特徴的に表出されると考えられる義足アスリートに着目し、スポーツにおける身体をめぐる問題について議論する。
 具体的には、はじめに世話人の平賀(筑波大学大学院)より2020年度第2回関東学生フォーラムでの議論を引き継いだ本企画の経緯と趣旨について、そして同じく世話人の宮澤(筑波大学大学院)より、スポーツ界においてテクノロジーがどのように語られてきたのかについて、先行研究の整理をもとに報告する。次いで障害者スポーツ論をご専門とされる渡正先生(順天堂大学)より、身体と外部環境との相互作用システムとして義足アスリートを捉える視点をご提示いただく。その後、総合討論として、渡先生、パラリンピック陸上競技男子走幅跳(T64クラス)アジア記録保持者である又吉康十選手(ゼンリンデータコム)にご登壇いただき、関東学生フォーラム世話人の3人(中村・宮澤・平賀)を交え、義足アスリートが自身と義足との関係をどのように捉えているのか、また、スポーツとテクノロジーの関係を問う際、人間の身体と人工物を切り離すように考えてしまうのはなぜなのかについてディスカッションを行う。

 

登壇者:渡 正(順天堂大学)
      又吉康十(ゼンリンデータコム)
      中村真博(立教大学大学院)
      宮澤武(筑波大学大学院)
          平賀慧(筑波大学大学院) (敬称略)

担 当:関東学生フォーラム世話人
中村真博(立教大学大学院)、宮澤武(筑波大学大学院)、平賀慧(筑波大学大学院)