大会実行委員会企画シンポジウム

「スポーツ文化を革新する新潮流とスポーツ社会学の「課題」」

趣旨:
 新型コロナ感染症により、2020東京オリンピック・パラリンピックは延期となった。今次大会は自国開催ということもあり、オリンピック・パラリンピックに対する侃々諤々な議論がなされてきた。さらに、新型コロナ感染症による、オリンピック・パラリンピックの延期という事態は、オリンピックのあり方、従来のスポーツイベントの運営のあり方、さらには、「スポーツのあり方を見直さねば」という機運を高めている。
 この「スポーツのあり方を見直さねば」という機運に対して、現地実行委員会は、この間注目を集めている新たなスポーツ潮流――ライフスタイルスポーツ、アダプテッドスポーツ、eスポーツ、超人スポーツ、ゆるスポ等ーーを取り上げ、このようなスポーツを生み出す「ダイナミズム」を把握し、スポーツ文化の再検討を試みるシンポジウムを企画する。また、この試みを通じて、新たなスポーツ潮流を分析するスポーツ社会学の「課題」も浮き彫りになってくるのではないだろうか。
 なお、上記のスポーツ潮流にはそれぞれ多彩で独自な展開がみられるので、シンポジウム冒頭、企画趣旨説明も含めて、日本における「ニュースポーツの実践や研究」の系譜を議論の補助線として提示する。
 このシンポジウムの獲得目標は、新たなスポーツ潮流が近代スポーツを相対化し、スポーツを介して検討しようとした社会のあり方、文化のあり方、スポーツのあり方をめぐる、登壇者、フロア参加者による闊達な議論を生みだし、今後のスポーツのあり方への多様な意見、アイデアを共有することにある。

 

シンポジスト:市井吉興(立命館大学)
          原祐一(岡山大学)
          藤田紀昭(日本福祉大学)
指定討論者:  水野英莉(流通科学大学)
司会:市井吉興 (敬称略)